女神力で牽引するシンデレラな女王


株式会社ジャパンウーマンソサエティ  

代表取締役社長 

よこやま内科小児科クリニック

理事             

横山実代 氏

2018.10.30


横山実代

◆業種

 

医療・女性支援

 

 

◆子供のころになりたかったものは?

 

ない

 

幼稚園や小中高の卒業文集に載せる「なりたいもの」も母に聞いて答えていたので、自分で何かになりたいと考えたことがない。

 

大学は薬学部に進学したが、高校の時、「母に何になったらいい?」と聞いたら「薬剤師なんかいいんじゃない」と言われたので、そうした。

 

幼いころから、自分でいうのもなんですが、ずっと「おりこうさん」ないい子で、反抗期らしい反抗期もなく、勉強も自らすすんでする子だった。

 

勉強しなさいと言われたこともない。

 

母は保育士で、翌日提出しなければいけない難しい問題が解けずに泣いている私に「寝ちゃいなさいよ」というような人だった。

 

父方にとっても母方にとっても私は初孫で皆から凄く愛されて育った。

 

母は医者に嫁いだ私を羨ましく思っていて、弟や妹にはお金を出してあげるのに、私にはあれがほしい、あそこに行きたいと色々とねだる。

 

愛情たっぷりに育ててもらい、学費や塾代など苦労して出してくれた母なので、恩返しがしたいと今は私が母の望みを叶えている。

 

今になって母に、子供の育て方について反抗している。

 

私にとっては今が反抗期かも知れない。

 

 

◆毎日欠かさずしていることはありますか?

 

ラジオ体操、お掃除、神道の祝詞、仏壇のご飯と般若心経

 

朝起きて子供たちの食事をつくりながら毎日している。

 

自分の朝食がとれずとも、必ずこれらをしてから出かける。

 

お祈りは、3年くらいまえに瞑想を学んでから始めた。

 

 

◆自分の支えになった、或いは変えた人物・本は?

 

義母(夫の母)

 

物凄い刺激を与えてくれた存在。

 

義母の存在があったからこそ、今の私がある。

 

結婚が決まり、初めて挨拶に伺ったとき、座布団もない状態で2時間正座したままお説教された。

 

「あなた結婚の意味がわかってるの!」と聞かれ、黙っていると「わからないのに何で結婚するの!」と更に怒られた。

 

義母は「私の事が嫌いだ」ということは、わかったが、それ以外どうしてよいかわからない。

 

「無理して結婚しなくてもいいのよ」と夫に言ったが「まあまあ」と諭された。

翌日、本屋にいって「手紙の書き方」という本を買い、義母に手紙を書いた。

 

結婚式の翌日から夫のクリニックを手伝い始めたが、それまで手伝っていた義母と義姉は結婚式の1ケ月前に退職した。

 

何の引継ぎもなく、どうしたらよいのかわからず大変困ったが、今は良かったと思っている。

 

引き継いだクリニックは赤字ではなかったが、結婚当初、私たち夫婦合わせた月収が10万円程度だった。

 

その上、義母と義姉が出費した請求書を送ってくる。

 

先輩がクリニックを開院したので5万円、植木職人をたのんだから数十万円、月収10万円の生活なのにありえないと思った。

 

お陰でクリニックを何とかせねばという強い思いを持つことができた。

 

義母や義姉とは別にくらしているが、義母の家の草が伸びると、高額な植木屋さんを頼んでしまうので、「シルバーさんにお願いしてもいいですか?」と聞くと義姉に「あんたがやればいいじゃない」と言われる状態。

 

私の父が亡くなった時も知らんぷり。

 

初めての妊娠、初めての出産、友達もいない地域に嫁に来て不安だらけの時もあった。

 

「何で私ばかりこんな大変な思いをしなきゃいけないの?」

 

「いったい誰と結婚したんだろう?」と考えさせられることもあった。

 

今となってはいい思い出だが、最初は私自身の中のダメなところ探しをしていた。

 

たくさんの本を読み、色々なセミナーに参加した。

 

多くの人の話も聞いた。

 

ノウハウを学び、クリニックを軌道に乗せ、精神的なことも学んだ。

 

開業医の収入は、患者さんが支払う医療費だ。

 

医師が受ける診療報酬は2年ごとに減額されていて、10年で10%下がっている感覚。

 

更に診療報酬の減額が1年毎になろうとしている。

 

クリニックを開業する医師は、自分の志した医療をしたいという思いで開業する。

 

しかし、その理想だけではお金がついてこない。

 

医師に収入のことを考えさせると、患者さん一人当たりの単価を上げるため必要のない薬や検査を増やすことになりかねない。

 

そんなことは絶対に避けなければならない。

 

そんな余計なことを考えさせないためにも、妻が経理を受け持ち仕組みをつくる。

 

夫は医師として、一日に診られる患者さんの数には限りがあるが、夫として父として家族を養うためにがんばってくれている。

 

クリニックの経営改善で大切にしたのは相手の立場になって考えること。

 

自分がかかるならどんなクリニックがいいか?

 

どんな職場で働きたいか?

 

クリニックを移転し、色々と改革したお陰で患者さんの数は10倍になった。

 

うちのクリニックは、なぜか妊娠率が高いが皆辞めない。

 

そして皆が、私の仕事にも関わりたいと言ってくれる。

 

小さいお子さんがいるスタッフも多いので、週に1回手作りのお惣菜をもって帰られる日を設けている。

 

お金で出すとどうしてもお惣菜を買って帰るようになってしまうので、スタッフさんに料理上手な方がいたので、自分の子供につくるようなお惣菜を交代でつくってもらっている。

 

2005年の頃、クリニックを立て直した話、失敗談などを話してほしいと講師の依頼を受けた。

 

その後、私と同じ立場の女性を対象にボランティアで相談会や交流会を開くようになった。

 

参加人数が多くなり、私一人では賄えなくなったのでスタッフさんをお願いすることにし、スタッフさんまで無給という訳にはいかず会社をつくった。

 

 

◆自分の人生を変えたきっかけになった言葉は?

 

「物事は自分の心次第」

 

人と過去は変わらないが、自分と未来は変えることができる。

 

 

◆人生の転機はいつどんなことでしたか?

 

義母との出会い=結婚

 

 

◆問題、障害或いは試練は?どうやって乗り越えたのですか?

 

2000年に結婚して2003年にクリニックを移転開業するまでの約2年間

 

義母の存在と低収入が続いたので大変だった。

 

義母は「あんたなんか大嫌い」と私に面と向かってはっきり言う。

 

警察協議員に頼まれてなったときも、町内の花火大会の実行委員長を引き受けたときも大変に怒られた。

 

地域のためになることでも、目立つことをするなと怒られる。

 

義母には未だに嫌われているが、義母の存在がなかったら私は勉強をしなかったかも知れないし、夫を生んでくれたことも含め今ではとても感謝している。

 

 

◆夢は?

 

人はいつ死ぬかわからないので、一つ一つを大切にしたい!

 

生き切りたいと思う。

 

先日、父が亡くなって思った。

 

「横山さんのあの一言でいままで頑張ってこられて良かった」と言われたとき、何物にも変えがたい喜びを味わう。

 

今は自分の身の丈以上にあるお金は、活きたお金の使い方をしたいと思っている。

 

少しでも多くの人たちの役に立ちたい!

 

 

株式会社ジャパンウーマンソサエティ

https://jwsociety.jp/

 

よこやま内科小児科クリニック

https://www.yokoyamaclinic.net