「全力疾走の愛で世界を掛ける!」王


株式会社吉兆堂

株式会社ヒナタトレーディング

代表取締役

ミュラーアレキサンダー丈嗣氏

 

2020.8.19.14:00



◆業種

 

お香・防虫剤・CBD・紙袋・製造卸、試作加工・受託加工、南洋真珠買い付け加工販売

 

 

◆子供のころに なりたかったものは?

 

森羅万象 物の理に興味があった。

 

「虹は何でできてるんだろう?」等とよく考えていた。

 

中学校から大学まで神戸の関西学院で学び、特に中学校ではキリスト教主義に基づく全人教育を受けた。

 

教科では特に数学が得意であった。

 

大学進学は、どの学部でも選べたので、計算も物の理も好きなため物理学部物理学科物性物理を専攻した。

 

例えば、性質の違う金属を水の中に入れて温度を上げていき、水蒸気になって付着した混合物を調べる実験をするような学部だ。

 

ところが、物理学部のキャンパスは三田市にある。

 

友だちは皆、高等部と同じ西宮市にある美しい一面芝生を目前にした校舎。

 

当時は自分一人違うキャンパスでとてもがっかりしたが、美しい芝生の中にいたら今の自分はなかったかも知れない。

 

過去は変えられないから、そう思おうとしているのかもしれないが、結果としては良かったと思う。

 

大学を卒業して、自分のルーツ(父の故郷)であるスイスに1年間留学した。

 

高校生の時も1年間留学したが、この時はルーツという意識はさほどなかった。

 

大人になってからのスイスは言葉では言い表すことはできない程、肌で感じるものがあった。

 

1年後日本に帰り就職を考えた時、六本木のミッドタウンで働きたいと思った。

 

そこで計算が得意だったこともあり、金融関係を選んで就職した。

 

東京でサラリーマンをしてる間も神戸の実家にはよく帰っていたが、ある時、がんばっている父を手伝いたくなった。

 

神戸に帰って父の仕事を手伝ううち、90歳を超えた祖母も心配になってきた。

 

祖母はしっかりしているが、社長として銀行や取引先を訪問するのはさすがに大変だ。

 

そこで2年前に父の会社と祖母の会社を継ぐことになった。

 

幼少の頃から祖母には多くを教わった。

 

祖母は吉兆堂の創業者である曽祖父の息子の妻であったが、早くに夫を亡くし社長として90歳を超えるまで会社を切り盛りしていた。

 

94歳の今でも防虫剤の見積もりや紙袋のサイズ等の指示がLINEでくる。

 

LINEを使いこなし、私が少しでも既読のまま返事をしないと、「アレキサンダーは、既読になっていますが、どうなんですか?」といったメッセージが届く。

 

メンタリティが強くて、風邪をひいたとしても這ってでも仕事に行くような人だ。

 

母はその祖母の娘だが、仕事にはつかず母としてそばにいてくれた。

 

とてもやさしくて、愛情たっぷりに育てられた。

 

厳しいことも勉強しなさい等とも言われたことがない。

 

父は、ミスターちゃんと。

 

とても真面目でちゃんとした性格だが、とてもやさしく、躾以外で怒られたことはない。

 

一人っ子であり、父母双方の一人孫である私は、家族に大切にされてきたし、私も家族を大事に思っている。

 

 

◆毎日欠かさずしていることはありますか?

 

仕事、メールとLINEのチェックと返信。

 

必ず当日に何らかの返信をすると決めている。

 

 

◆自分の支えになった、或いは変えた人物・本は?

 

全(チョン)さん

 

雑誌編集者の全さんとは9年前に出会った。

 

人の紹介で出会ったのだが、その時全さんが「何度空振りしてもいいから常にホームランを狙っていけ!常にホームランと思ってバットを振るんだ。そうして当たった時がホームランだよ。」と言った。

 

当時の私の心に刺さった一言だった。

 

しかし全さんとはその後連絡を取っていない。

 

Faccebook等でお互いの様子はわかるが、仕事を任せて気軽に旅行が行ける程、もっと経営者として成長してから全さんに会いたいと思っている。

 

とても気になる人だが、その時がくるまで連絡は取らないと決めている。

 

 

◆自分の人生を変えたきっかけになった言葉は?

 

Love Friends and The Campfire

 

「愛 友だち 自然の中で着飾らずに」といった意味だが、この言葉で悟りの境地を表している。

 

イラストデザイナーのJonasという友だちと十牛図について話しているとき、彼が結局「Love Friends and The Campfire」と言った。

 

 

その時、私と二人で「そうだ!そうだ!」と感動した言葉。

 

十牛図(じゅうぎゅうず)は、悟りにいたるまでの10の段階を10枚の図と詩で表したもので、牛を探し牛に出会い、牛を見失い、牛を再び捕まえ悟りの境地を開いても、地上の世界で役に立たねば何もならない。

 

ここでの牛は真の自分の事を表している。

 

このデザイナーのJonasは、私の亡くなった叔父(廣瀬裕昭)に関係している。

 

この叔父は日本に初めてスノーボードを持ってきた仲間のリーダーだった。

 

叔父(母の弟)は33年前に心臓発作で亡くなったが、今でも命日には当時の仲間が祖母の家に集まる。

 

そのスノーボードをアメリカで買い付けしていたのが浅井さんという方で、その浅井さんは現在70歳になるが、60歳の頃ガンを患い、死を宣告された。

 

財産分与もしたところ、突然治ってしまい、アパレルで何か新しいことをしたいと、新たにピアスポーツを立ち上げた。

 

私がアメリカへ初めて浅井さんに会いに行くと、「待っていたぞ!廣瀬の血を継ぐのは君一人しかいない!一緒に仕事をするんだ!」と言われ今また新しい仕事が始まろうとしている。

 

その浅井さんがデザイナーJonasのライセンスを持っていた関係でJonasと友だちになった。

 

 

◆人生の転機はいつどんなことでしたか?

 

2018年

 

2つの会社を引き継ぎ、結婚して子供が生まれたとき

 

今まで守られていたが、守るものが出来た。

 

妻や子供、そして会社、自分より大事なものが出来た。

 

それまでは遊び惚けヤンチャしていたが、人のために何とかしたいと考えるようになった。

 

エレベータにベビーが乗ってくれば労わる気持ちが湧いてくる。

 

それまでは何とも思わなかったのに。

 

仕事も一人ではなくチームなんだと思うようになった。

 

 

◆問題、障害或いは試練は?どうやって乗り越えたのですか?

 

問題はいっぱいあるが、人に話すこと、お願いすることで解決すると思うようになった。

 

経営者になってから、世の中にはできる人がいっぱいいることを知った。

 

それまでは単独行動。

 

自分一人で抱え込んで、自分で全て解決!全て自分でやるべきだ!と思っていた。

 

出来ないものは出来ないと素直に人に話す。

 

物凄く悔しいことであるけれども、向上心があれば自分の負を認めることで進化できる。

 

隠したり、ごまかしたりしても何の意味もない。

 

それと人を優劣で考えることもやめた。

 

人によって弱みも強みも違う。

 

生まれ持ったハンデを背負った人がいる。

 

それを馬鹿にして下に見ることは愚かなことだと思う。

 

いつ自分がそのポジションになるかわからない「明日は我が身」と心得、相手の状況に理解を示すようになった。

 

とは言え、マインドの弱い人は別、向上心あるが故のこと。

 

常に自由に前向きでいたい。

 

 

◆夢は?

 

家族に色々な経験をさせてあげたい!

 

家族みんなで旅行がしたい!!

 

自分が今まで行った国は40か国くらいあるが、それも全部経験させてあげたい!

 

人は経験や露出で育つと思っている。

 

その思いは結局、愛から来ている。

 

慈愛だと思う。

 

 

株式会社吉兆堂

https://www.kitchodo.com/

 

株式会社ヒナタトレーディング

 

https://www.hinatatrading.com/