基本の継続から大流にのる「できる!」王


 

株式会社シースタイル

代表取締役

川合大無氏

2015.5.15 1000


川合大無

 

◆業種

 

インターネット広告

 

◆子供のころになりたかったものは?

 

宇宙飛行士

 

幼稚園の頃、スペースシャトルが打ち上げられ、ただ単純に「かっこいいなぁ」と憧れた。

 

しかし、子供ながらにとてもなれないとすぐわかった。

 

その後は、野球選手になりたいとか新聞記者になりたいとか思った事もあるが、どれも本気で目指すこともなく終わった。

 

やがて大学生になり、就職活動の時期を迎えたが、本当にやりたい事は見つからずにいた。

 

企業の説明会に参加してみてもピンとこず、自分がその会社で働いているイメージがうまくできなかった。

 

ただ漠然と「大きなことがやりたい」という思いだけがあった。

 

「大きなことをやる」には、何になれば良いだろう。

 

そう考えた時、会社社長になることを思い立った。

 

とはいえ、いきなりなれるものではない。

 

そこで、大学を卒業してから5年で3社経験し、6年目に起業しようと決めた。

 

最初に就職したのは、商社だった。商いの基本が学べるのではないかと考えて選んだ。

 

商社にいる間に自分が担当した仕事は、事務方から営業まで完全にマスターした。

 

2社目は、ITのベンチャー企業を選んだ。そこでは、法人向けの新規開拓営業を担当した。

 

ちょうどITバブルの頃だったので、その会社も急成長の最中にあり、入社時の従業員数は30人程だったが、2年経つころには100人規模になっていた。

 

仕事は楽しく順調で、営業成績で全国1番を獲ることもできた。

 

1番になれた勝因は、「継続して努力できた」からだと思う。

 

簡単なようでいて、皆、それができない。

 

もちろん1番になれるよう工夫もしたが、私が特別な事をしたというより、周りが留まっている感が強かった。

 

3社目に選んだのは、インターネット広告の代理店だった。

 

今ほどインターネット広告というものが世の中に浸透していなかったので、面白いように契約がとれた。

 

その会社で1年弱働き、当初に建てた計画通り2004年1月にやっと起業する事ができた。

 

 

◆毎日欠かさずしていることはありますか?

 

新聞を読む。

 

今の主力事業となっている不動産一括問合せサービスも、あれこれいろんな業界の動きをみて、考えついた事業。

 

今後もどんどん新規サービスを生み出していきたいと考えているので、常にアンテナは張っておきたい。

 

 

◆自分の支えになった、或いは変えた人物・本は?

 

小学生の頃から剣道を教えてくれていた安田先生。

 

剣道は基本が全てであり、我流はありえない武道だ。

 

安田先生は50年以上剣道を続けていらっしゃったが、それでもまだ「到達していない。」とおっしゃるような方だった。

 

そういった先生の精神は、まだほんの子供であった時分の私にも、しっかりと叩きこまれた。

 

私の「基本を何よりも大事とする」営業スタイルは、安田先生の影響も少なからず受けているのではないかと思う。

 

 

◆自分の人生を変えたきっかけになった言葉は?

 

「自分はできる!」

 

 

◆人生の転機はいつどんなことでしたか?

 

2004年1月、起業したこと。

 

営業という仕事が好きなので、会社員として勤めていてもそれなりに楽しかったが、経営者になると自分で考えたビジネスプランを実行できる面白さがある。

 

 

◆問題、障害或いは試練は?どうやって乗り越えたのですか?

 

創業メンバーは、私を含め3人。

 

まず思いついた事業は、法人向けカウンセラーの派遣だったが、本当にただの思いつきで、仕組みつくりからできなかった。

 

メンバーとは「半年後に黒字化できる事業がないと会社は終わりだね。」と話していたこともあり、とにかく黒字化できる事業をと思い、私の得意としていたインターネット広告の代理店を始めた。

 

事業は順調に拡大したが、起業家には「食えるようになると崩壊する」というジンクスがある。

 

私たちもお決まりのコースを辿ることになったのだ。

 

創業メンバーは私を残してすべて去り、それ以外の社員達も、みんな離れていった。

 

インターネット広告代理店というのは、営業マン自身にお客様がついているケースが多く、人が去れば仕事も去った。

 

会社を存続させるためには、新規事業を育てなければならない。

 

女性向けアパレルのオンラインショップやホームページ制作、お墓と霊園を探せるWEBサイトまで、様々な事業に手を出しては潰れていった。

 

そんな中、不動産の一括査定サイトがヒットした。売り上げは順調に伸び、現在では当社の主力事業となっている。

 

 

◆今の夢は?

 

1,000人規模の会社にする!

 

仲間を増やし、世の中に影響を与えるような大きな事を成し遂げたい!

 

 

株式会社シースタイル

http://www.cstyle.co.jp

 




コメント: 0

 

ヒーローズ一覧